先日、足育講座に来てくださった5歳児さんのお母さんが言われました。

 

「あ〜赤ちゃんの時に足育を知りたかった><」

 

お子さんの足に悩み、いろんなところに行き、いろんなアドバイスを受け

 

試行錯誤しながら自分なりに「いい」と思うことをしてこられたそうです。

 

歩き始めるのが人より遅かったのは、赤ちゃんの時に足指をぎゅっと丸めていた期間が

長かったからと病院で言われたそうです。

 

・・・でどうすればいいの?の具体的な答えがないまま時間が流れたとのこと・・・

 

不安だったと思います。

 

”0歳からの足育”を知っていれば、ママの不安が軽くなります。

 

私自身が”足育”を知った時

 

「もっと早く知りたかった!なんで誰も教えてくれないの?」

 

同じような思いをするママたちが1人でも少なくなるように・・・

 

その想いで走ってきたように思います。

 

 

赤ちゃんからの発達のみちすじを知り、

 

成長を促す関わりを行うことで

 

お子さんの可能性を開いてあげることができます。

 

子どもの発達は、「足育」などせず、自然に任せても「そこそこ」成長します。

でも、親として「そこそこ」ではなく、可能性があるならば、開花させてあげたいと

思うのです。

 

 

赤ちゃんから足育を始めるメリットはなんですか?と質問されたことがあります。

 

1番は足裏の感覚器が研ぎすまされることだと感じています。

 

お下りの靴を履かせると「これ、あたしのじゃない」と言って履かない(笑)

 

↑2歳児さんです^^

 

試し履きをさせると、自分の足にフィットする靴に出会うまで妥協しない(笑)

 

↑3歳児さんです^^

 

これってすごいことなんですよ!(母は手がかかるけど(笑))

 

骨も未完成で、なんでも履けちゃうこの時期に、違和感を感じれるなんて素晴らしいのです。

 

幼い頃から足裏の感覚器を育み、自分に合った靴を自分で選べるようになれば、

足のトラブルは防げます!

 

次に、体の使い方が上手になることです^^

寝返り、はいはい、高這いと発達のみちすじを辿り、体がしなやかに動けるようになります。

 

最近は体に癖が着いてしまっているお子さんも多いので、体のリセットをして、より動ける体

を育てていくのです。

 

お母さんの知識が我が子の可能性を開きます^^