私が足育を伝えたい理由は

私自身が我が子の足の変形を知ったとき、「もっと早くに知りたかった。教えて欲しかった」と思ったからです。


講座では赤裸々に話していますが

私は5年間の不妊治療の末にようやく長男を授かりました。

辛くて長いトンネルのような治療が功を奏し

妊娠がわかった時の喜び。

この妊娠が継続できるか、カレンダーを見ながら

出産の日を待ち望んだことを思い出すと今でも涙が出そうです><

もともと子どもと関わることが大好きで、歯科衛生士時代も治療を嫌がって泣いている子どもは私が担当。

小学校の講師の時も、学童保育での指導員の時代も、子ども達が大好きでした。

やっと授かった我が子を胸に抱き、愛おしくてたまらなかったです。

食品添加物や化学物質などはなるだけ避けて、必ず表示を見て購入するようにしていました。

ファーストシューズを買う時も百貨店のシューフィッターさんのいるお店に行って購入したこと覚えてます。

次男も生まれ、幼稚園に行くようになると、ママ友たちともいろいろ情報交換しあって、

服や靴も通販でまとめて買ったりしてました。

1足180円。送料をみんなで割ればいいよねって感じでした(笑)

すぐ汚してくるし、サイズもすぐちっちゃくなるし・・・って普通に思ってました。

知らないって怖いですよね。

その頃に足って大事。

靴選びも大事。

1日で一番長く履いている上靴ってどんなの履かせてる?

いっぱい遊んでる?歩いてる?

そんな問いかけがあれば、きっともっと意識してたはず・・・と今でも思います。

体の土台の足。体に関わる大切なことを誰も教えてくれなかった。

教えてくれる場所がなかった。

だから、ママたちに伝えたい!

知っていれば守れることがあるから!

その思いは2010年に活動を始めた頃から変わっていません。

益々思いは深まっています。