私が足育を伝えたい理由。

活動を始めた頃、子ども達の足のトラブルの多さに衝撃を覚え

この子達が日本の未来を担っていくのに、このままで大丈夫なのか?と思ったことが

足育を伝えたいと思った原点です。

我が子のことだけ足や靴に気をつけることもできました。

ボランティアでもよかったかもしれない。叩かれることもなかったかもしれない。

でも、このままではあかんと思い、2013年にNPO法人日本足育プロジェクト協会を立ち上げ、足育アドバイザー®︎を養成して全国で、ママ達が当たり前に「足育」を知ってもらいたいとの思いだけで今まで走ってきました。

ありがたいことに、全国から足育アドバイザー®︎としてママ達に伝えたい!と熱い想いのメンバーが広がり、各地で様々な単位で「足育」を普及、啓発できるようになりました。
賛同してくださる方も広がってきています。

食育のように誰もが当たり前に「足育」を理解してもらえるように今後も取り組んでいきたいと思います。

昨年から、0歳からの足育を深めるために大学院に入学しています。

学びが深まるにつれ、今までの熱い思いが確信に変わってきています。

0歳からの足育は絶対必要です。

足育だけど足だけではないのです。

赤ちゃんの小さなカラダ。

全部繋がっています!

どこからアプローチするのかだと思います。

研究を始めるに際し、いろんな文献を調べて見ました。

赤ちゃんの研究は随分進化しているようです。

でも、私たち一般のママ達には届かない情報が多いように思います。

そんなに大事なこと、もっと早くママ達に伝えて!と思うことばかりです。

私の最大の強みは、ママ達に直に伝えることができることだと自負しています。

赤ちゃんを育む時に知っておきたい大切なことを

子育て中のママ達にお伝えすることが私の役割だと思っています。

これからさらにパワーアップして、お伝えしていきますね。

足元から健康を育む足育Lab Ta・Ta・Taを楽しみにしていてください。

乳幼児期の足育の実践について、これから論文をまとめていきます^^

気合いだ〜!

熱い思いで頑張ります!